2009年7月31日金曜日

"Bruno"「ブルーノ」


[鑑賞日: 7/10/09]

"Bruno"を観ました。「ボラット」のサッシャ・バロン・コーエンの新作です。「ボラット」と同じ手法で、今度はオーストリア人でゲイのファンション評論家、ブルーノに扮したバロン・コーエンが、アメリカ人をおちょくりまくるモックメンタリー。

  一応おおまかな話の流れがあって、オーストリアで自分の番組を持っていた人気者のブルーノが、ファッション・ウィークでヘマをやったため(全身ベロクロの 衣装を着て取材に行ったらカーテンや衣装がベタベタくっついちゃって、そのカッコでランウェイに出てしまった)干されてしまい、そんならとハリウッドに渡 りセレブになろうと悪戦苦闘します。最初は、セレブたちにインタビューする自分がホストの番組を作ろうと、ポーラ・アブドゥルとのインタビューをセッティ ングしますが、メキシコ人の庭師たちに人間椅子や「おっさん盛り」をやらせて、ポーラに逃げられた末にブラックリストに載せられてしまいます。このくだりでラトーヤのインタビューもあったらしいけど、マイケル急死でカットされ、3分短くなったそうです。ロン・なんとかっていう、元大統領選候補の一人だった 政治家にモーションをかけたら、彼は部屋を逃げ出して、"Queerめ!"って罵るんだけど、その言葉は言ってはいけない言葉みたいで、 どの評でも、「彼には同情するけど、それを言っちゃあおしまいよ」みたいに書いてました。

 ハリソン・フォードに「Fuck You!」されながらなんとかプロモをでっちあげ、CBSのスタジオでフォーカス・グループに見せますが、どアップでぶるんぶるん回転するブルーノの局部 (←これ日本公開の時どうすんのかなー)とかを見せられた人たちはもちろんいい反応をするはずがなく、「ガンより悪い」とか書かれます。それで中東へ行っ て、反目しあう要人たちと平和会談したりとか、テロリストに自分を誘拐してくれと頼んだりとか、怖れ知らずなことをやった後またアメリカに舞い戻り、さら に言語道断なことを重ねていきます。

本作の笑いは、2通りに分類できると思う。あんまりうまく書けないけど、バロン・コーエンの創作 した極端にカリカチュアライズされた異邦人キャラクターに、おどろいたりあきれたり、なんとか冷静に対処しようとしたり(←これが一番はたから見るとおも しろいわけだが)する良識あふれるアメリカ人の、思わず素が露呈してしまう反応が呼ぶ、わりと気楽な笑い(人様の失態だからね)と、表向き異邦人キャラクターではあるけれど、実はそのキャラクターを通して極端にカリカチュアライズしているのはアメリカ人の姿で、彼の口あんぐりの行動は、実際のアメリカ人のしている行動や、アメリカ社会を大げさにこっけいに 再現しているだけ(他国の文化を尊重せずに自分たちの優れた「平和」を押しつけようとしたりとか)で、それを笑う、「鏡に映る自分を笑う」という笑いの2 つ。後者を心から笑い飛ばせる人は、「よくぞやってくれた」とこの映画を評価するし、そうでない人は心からは楽しめないと思う。私も心からは笑えなかっ た。理由はもっと根本的なことだけど。

おもしろいのは、カザフタン人を滑稽な人物造型にした「ボラット」は褒めちぎった評論家の一部が、「ブルーノ」はゲイを滑稽なステレオタイプに描いていて全く笑 えない、と否定していること。そういう表面的な倫理観とかを笑っているんじゃないの、バロン・コーエンは。でも、「ファッション評論家のブルーノが、 ファッション界から早々に追放されて風刺する対象を失い、あとはゲイの部分で笑いを取るしかなくなって存在理由がなくなった」みたいな評は、言えてると思 う。ファッション界をむちゃくちゃおちょくるブルーノだったらもっと気楽に笑えたろうな。それはバロン・コーエンの意図する笑いではないんだろうけど。

最 後の方の、レスリングを見に来た血に飢えた観客たちの前で、とっくみあいがいつの間にかゲイの恋人たちの抱擁になっちゃって、彼らの怒髪天をつくところと、ブルーノと「花嫁」の結婚を拒否した司祭に、ブルーノが「私たちは夫婦よ、子どももいるのよ」と主張すると、「いつ産んだんですか?」と質問 してから、司祭が「なんでこんなこと聞いたのかわからない」と、がっくり肩を落とすところが、すんごく好き。

野ウサギが一匹、かわいそうな目にあいます。
あとビックリ大物ゲストとかも。人間椅子に座って華麗に歌うEJが素敵♡

0 件のコメント: