2009年8月1日土曜日

"The First Three Lives of Stuart Hornsley"

[鑑賞日: 7/20/09]

みなさん皆既日食観ましたか?
私はYoutubeなどでちょっと観ました。

山村浩二の アカデミー賞短編アニメーションノミネート作「頭山」Mt. Headが収録されている短編映画集DVDを観ていたら、その中に収められた"The First Three Lives of Stuart Hornsley"というアメリカの実写短編がとても面白かったです。
バークレー大のハンサムな黒人の学生が、教室で一人熱心にタイムマシン(!)実用化の計算式をしていると、そこへミミという日系の学生仲間がやってきて、自分の作ったピンホール観測鏡で皆既日食を一緒に観ようと誘います。でも計算に夢中の彼は断ってしまう。数年後、それがすべてのケチのつきはじめだったと、タイムマ シンを完成させた彼はその時点に戻り、過去を変えようとします。マイルドなユーモアをまぶした、とてもクレバーな作品で、主演の、演技が出来る予想ガイみ たいなTunde Adebimpe(トゥン デ・アデビンペ)もよかったです。その後「レイチェルの結婚」に出ているらしい。お手製の時間旅行服が、「ぼくらの未来へ逆回転」のヤツみたいでほほえま しかったです。彼の相棒はイタリア系の小学生だし(彼は不本意ながら小学校の先生をしている)。おつむと、手先と、映画愛だけが頼りの、DIYの小品。
ハインラインの「夏への扉」がお好きなら、きっととても気に入る。

A total eclips sychronicity. A small, smart, hand-made DIY piece!
If you like Heinlein's "The Door Into Summer," you'll love it.

0 件のコメント: