2009年9月28日月曜日

"9" 「9 <ナイン> 〜9番目の奇妙な人形〜」


ティム・バートンがプロデュースを務めた作品です。
2,3年前、アカデミー賞短編アニメ賞にノミネートされた10分程度のCGアニメが原作で、作者はシェーン・アッカー。これを観たバートンがいたく気に入って、長編作品に仕上げたのですね。私も当時、上映会などで二度ぐらい、元の短編を観ましたが、あまりピンと来ませんでした。眼がないですね。

かなーり期待して観にいきました。ベネチア映画祭に行っていた間の、9月9日の公開だった(当然!)ので、早く帰って、観たくて仕方ありませんでした。

お話しは、人類どころか、生き物がすべて死滅してしまった世界。ある科学者が発明したマシンが原因です。科学者は、自分の取り返しのつかない失敗を償おうと、最後の力を振りしぼり、9に命を吹きこみます。自分の命を…。9とは、小さな麻袋の人形で、お腹の所にジッパーが付いており、開けるとなんだかゼンマイ仕掛けの、錆びついた感じのガジェットが入っています。9は最初、気がついた時は、自分が誰で、どんな目的があるのかなど、いまいち分かっていない様子。でも、自分と同じ姿の仲間と出会い、その直後、紅い眼が光る、ガイコツの恐竜みたいな機械の怪物に襲われ、せっかく出来た、いい感じの友達(「2」)を失ってしまいます。「2」は自分たちの使命も、「9」が持っていた緑色に光るコンパスみたいなタリスマンの用途も、知っているようだったのに…。やがて、9は他の仲間、1〜8達と会い、徐々に自分の役割を知ることになります。

映画の冒頭は、麻袋を縫って、人型を造る手のアップで、まるで「コラライン」みたいです。「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」で、すたれかけていたストップモーション・アニメーションという手法を甦らせたティム・バートンが、とうとうCGに行ってしまったかと、ちょっと哀しいものを感じました。まあ、CGはどんどん進化して、ストップアニメーションっぽいビジュアルやテクスチャを、かなり再現できるようになったし、ストップモーション側でもデジタルを積極的に取りいれ、「コラライン」などは人形の顔の上下に入った線を消したりと、パッと観、逆にCGっぽいなめらかなテクスチャを施したりして、なんかどっちでもいいや状態になりかけてますからね、一部では。一方もうすぐ、なぜかウェス・アンダーソンが作ったベタベタな感じの長編ストップモーション・アニメが公開されるので、どんなものか、興味津々です。

さて、「9」ですが、基本的なストーリーと設定は、短編をほぼ膨らませた形になっていました。短編を観たときに疑問に思った、「この麻袋のみじめな人形たちは何?」「どうして動いているの?」「どうしてガイコツの恐竜みたいのに襲われて、魂を吸い取られてるの?」「恐竜を倒して、仲間の魂を解放して、その後、9はどうするんだろう、この生き物のひとっこひとりいない世界で」といった疑問に対し、とってつけたようなバックストーリーが与えられていますが、やっぱりなんだか、見終わってもモヤモヤしています。短編との最大の違いは、「9」たちがしゃべることかな。良しにつけ、悪しきにつけ。でも、声優の配役はとてもよかったです。イライジャ・ウッド、ジェニファー・コネリー、ジョン・C・ライリー、クリストファー・プラマー、クリスピン・グローヴァー、マーティン・ランドー…。

ビジュアル的な世界観は、素晴らしく、それだけでも観る価値十分です。スチームパンクならぬ、縫い目の目立つ、9達にちなみ、「スティッチパンク」だそうですよ。言い得て妙です。場面、場面もとても興味深いです。特に、一旦訪れた休息場面に蓄音機から流れる、「オーバー・ザ・レインボウ」の曲、それに合わせ、水平線の向こうからゆっくりやってくる、○○の場面。いいなぁ。

話の展開や、予告編のノリなんか、「サイボーグ009」ぽかったですが、どっちかというと松本大洋の「ナンバー5」に近いメンバー構成でした。双子がいたり。あ、それだけか。

その後、改めてオリジナルの短編を見直しました。やっぱり、よくわかんない世界でしたが、動き(アニメート)が非常に素晴らしいし、テクスチャも、ばっちり書き込んだ長編に比べればあっさりしていて、イラストっぽいところが、却っていい感じです。なるほどね。やっぱり私は眼がない。短編としてあっさり完結しているので、なんだか命をもたない無機物達が、大切な命を奪いあう、みたいな骨子をなんとなく想像できなくもないところが、長編より、優れていたかも。

<12/18>
PS3の「リトルビックプラネット」にはまっています。リビッツ(Sackperson)、ナインたちそっくし…。

0 件のコメント: