2010年5月10日月曜日

"Iron Man 2"「アイアンマン2」

日本では、『鉄男 The Bullet Man』(塚本晋也監督、アスミック・エース配給)がもうすぐ公開になりますが、アメリカでは、超期待作"Iron Man 2"が公開になりました。アメリカ版"鉄男(アイアンマン)"。でも鉄男というより、仮面ライダーとか、完全にそっち系のノリですけどね!



この作品、ムチャクチャ宣伝に力が入っていました。「なんで?」っていうぐらい。昨年から、映画賞のテレビ放映のようなイベントに登場したり、タイアップCMが多数作られたり。公開が迫るにつれてヒートアップしていき、先週、ジェイ・レノの「トゥナイト・ショー」 では「Iron Man週間」と銘打って、毎晩出演者をゲストに招いていました。ロバート・ダウニー・Jr.、サミュエル・ジャクソン、グィネス・パルトロウ、スカ・ヨハ……。ダウニー(って洗剤みたい)は、いい感じの人そうでした。等身大な、素の感じ。

公開2日目の土曜日夕方、客席は満員。予告編にも、アダム・サンドラ−のコメディ映画には笑い、J・J・エイブラムズの、例によって謎めいた予告編「スーパー8」には、「ん?」「へ?」という声があちこちから上がりました。やっぱり観客が多いと、盛り上がっていいですね!

さて、本編ですが、予告編やTVの情報番組などで、もう何度も観てきた断片的な、派手な映像部分を、全体のコンテキストの中で確認しながら観ていく、というような感じでした。新鮮味とか、意外性はまったくないし、だからといってガッカリするような映画でもなく、カラッとしたアクションと、芸達者でスクリーン映えのする役者たちをたっぷり堪能し、すっかり満足して帰ることの出来る一本です。「もうウジウジ悩むヒーローはたくさんだ!」って宣言してるみたい。この調子で続けて欲しいですね〜。

アイアン・マンが空を飛ぶとき、直立姿勢で、きちんと脇に伸ばした両腕から手の平だけ地面に水平に開いてジェットを吹き出すポーズが、かわいらしくてお気に入り♡

スカ・ヨハ、かっこよかったです。黒い合成皮革のスーツに身を包んだ彼女のウェスト部分を、後ろからアップで捉えたカットがあるんですが、ウェストがめちゃくちゃ細くて、峰不二子みたいでした! 「ルパン」実写化するときは、不二子はスカヨハで頼みます!

0 件のコメント: