2010年6月12日土曜日

"Toy Story 3" at PIXAR STUDIO! ピクサー・スタジオで「トイ・ストーリー3」!

 ▲分かりにくいけど、自分の名前が入ったピクサーのゲスト用名札シール。
三ツ目宇宙人のイラストと、"A Stranger from the outside!"の文字入り。
遊び心が憎いねぇ。

『トイ・ストーリー3』を観てきました。全米公開の1週間前、なんと、ピクサー・スタジオでの一般試写会です。もちろん3D上映よ。
サンフランシスコ・フィルムソサエティのMLに登録しておいたおかげで知ったのですが、チケット代は、普通の映画代の10倍ぐらいいたしました(T_T)。でも、ピクサーの中に入れる機会など、そうそうあるものではありません。

映画の始まる1時間15分前には到着していないと入れません、と注意書きしてあったので、早めに出たのに、高速道路が事故で渋滞していて、マジあせりました。着いたのが1時間5分前でしたが、ゲート前には試写に来た人たちの車が並んでいて、セーフでした。

建物に入ると、眼前に広がるのは、ピクサー作品のメイキング映像でおなじみの、吹き抜けになった大きなロビー。自分の名前が印刷されたシールをもらって貼り、上映前の1時間は、サービスの飲み物(アルコールも有)やオードブルをつまみながら、ロビーでのんびり過ごします。2階や、社員の仕事場は立ち入り禁止(さらにチケット代をはずめば、スタジオ内ツアー付き)ですが、カフェやギフトショップ、卓球台などが置いてある一角もあります。真ん中にはデーンと、「トイ・ストーリー3」に出てくるケンのドールハウスのでっかい模型とピンクの熊、ロッソのでっかいぬいぐるみが置いてあり、入り口付近には宇宙人3人組や、モンスターズ・インクの2人、カーズの車、レゴブロック製のウッディとバズなどのフィギュアが並び、ロビー全体がさながらジブリ美術館のような趨きです。それから、入り口の前には、やっぱりでっかいルクソージュニアのフィギュアがあり、驚いたことに夜になると、ちゃんと照明が灯っていました(^_^)。

試写室は試写室で、上映前に暗くなると天井に星がまたたき、流れ星まで1つ2つ、ツィーとながれるではありませんか☆ これには観客もすっかり楽しくなって、なごやかな笑いが起きていました。上映後のプロデューサーへのQ&Aで、この仕掛けについて質問している男の子がいました。本編よりインパクトがあったんかい。

さて、もちろん本編上映前には短編がついているのですが、これが、3Dの特質を生かした、卓抜したアイディアの作品で、びっくりしました。こういうのがポッと出てしまうピクサー、すごいなぁ。「Day & Night」という題名です。来年のアカデミー賞ノミニーは必至でしょう。

<ここからややネタバレ有り>

本編も、面白かったです。映画が進行するにつれ、尻上がりに引き込まれて行きます。今回、主な舞台となるのがとある託児所なのですが、託児所を刑務所に見立てたスタッフ達のアイディアが効いていました。4年ほど前、プロデューサーやラセターらは、1作目の脚本を練ったキャビンにこもり、3作目のブレインストーミングをしたそうで、そこで、「託児所って刑務所みたい」っていうアイディアが出たのだそうです。Q&Aで答えていたプロデューサー(3人のうちどの人だったか失念。3人とも女性なのね)によると、ピクサーにも小さな託児所はあるけど、10カ所ぐらいの施設をリサーチしたそうです。彼女がネットサーフィンをしていたら、「トイ・ストーリー2」が、映画評論サイトRotten Tomatosで唯一100%の評価を受けた作品だというのを知って、さらにプレッシャーになった、ネットサーフィンなんかしなきゃ良かった、と言っていました。技術的には、今回はゴミ袋の描写が一番難しかったんですって。私は、オモチャの中では、ケンドールが一番実在感が出てると思います。ケンの声は、マイケル・キートンだったりします。オモチャ仲間に、「女の子用オモチャ」って、からかわれていました。アンディの声も、ちゃんと1作目と同じ子が当てているんですって。今はNYにいて、24才になったそうです。

新キャラに、赤ちゃん人形がいるんですが、かなり怖い描かれ方をしていて、1作目でも、赤ちゃん人形の頭に、8本足ぐらいのメカニカルな胴体がついた不気味なおもちゃが出てきたけれど、赤ちゃん人形にトラウマのあるスタッフでもいるんでしょうか(^_^;)。それから、トトロぬいぐるみが、結構露出度高いです。Special Thanks欄に、ジブリのプロデューサーの名前が、スティーブ・ジョブスの次に出ていました。

新キャラがあればいなくなるキャラあり。2作目に出てきた、愛嬌のあるペンギンのウィージーや、ボー・ピープは、姿を消しています。ウィージー、ギフトコーナーで売ってましたけどね、大人だから買わない。ボー・ピープは、スタジオ内の女性用トイレのアイコンに使われていました。男性用は、もちろんウッディ。

動かないはずのオモチャが動く。人間の目につかないところで、こっそりオモチャ同士の活動にいそしんでいる、というマジカルな妙味はもうすっかりなくなってしまったのが残念ですが、仕方がないでしょうかね。Never as good as the first time.



▲レゴ製の2人
▲女性用トイレはボー・ピープのアイコン


▲駐車場に「カーズ」のマーク

 ▲玄関前のでっかいルクソー・ライト

2 件のコメント:

あるまじ子 さんのコメント...

初めまして。一年ほど前からずっと拝見しています。
新作映画の情報をいつも参考にさせてもらっています。

「トイ・ストーリー3」をピクサー内で見られるなんて、なんて贅沢な経験でしょう!十倍くらい払っても惜しくないですね。うらやましくて思わずコメントしてしまいました。

私も早く観たいです。でも丁度明日から日本に一時帰国なんです。公開前に出発という事実に気付いた時はめちゃくちゃショックでした(笑)トトロも沢山登場するんですね〜帰って絶対観ます。

電気羊/e-sheep さんのコメント...

>あるまじ子さん、

書きこみありがとうございます!

日本で、おいしいものいっぱい食べたり、かわいいものをいっぱい見たりしてから帰ってこられても、余裕で絶賛上映中と思われます! (ちなみに日本では7月公開のようです)

よい旅を!