2011年4月7日木曜日

"The Room"

2003年に作られた、"The Room"というインデペンデント映画があります。映画は公開後、カルト的な評判を得るようになりました。知られざる名作としてではなく、「史上最低のトンデモ映画」として———。

私がこの映画の存在を知ったのは、"Entertainment Weekly"誌の"The battle over the worst movie ever made"という記事で取り上げられた時。記事によれば、この映画のスクリプト・スーパーバイザーをしているサンディ・シュクレイアが、実質上監督したのは自分だとして、映画のクレジットに異議を唱えているのだとか。なぜ、最低映画として今でもロサンゼルスの業界人たちの間で口にのぼるような作品の監督になりたがるのか? それは、カルト人気に気をよくした映画の現監督・製作・脚本・主演その他モロモロのTommy Wiseau(トミー・なんて読むんだろう…)が、"The Room"の3D版を作ろうとしているかららしいです。スクリプト・スーパーバイザー(記録係)として「シカゴ・ホープ」など、それなりの仕事をしてきたシュクレイアは、この映画がロジャー・コーマンの目に止まって、映画を撮らせてみようかな、という気になるかもしれない、と考えたのだそうです。異議を唱えるようにアドバイスしたのは、マルコム・マクダウェルだそうですよ。

お話しは、主人公のフィアンセ(という言葉は作品内では一度も出てこず、「未来の妻」か「未来の夫」と表現されます)が、親友と浮気する、というもので、これ以上でも以下でもないらしいです。ネットにアップされた感想を読むと、あまりにひどすぎて、脳裏にこびりついてしまうのだとか。英語版のウィキペディアに、詳しくこの作品について紹介されています。

さて、この話題の映画"The Room"が、4月1日、エイプリル・フールの日に、カートゥーン・ネットワークで放映されるというので、どんなにヒドイのか、ワクワクしながら観てみました。確かに、ウワサにたがわずひどい。舞台はサンフランシスコなんですが、ゴールデンゲート・ブリッジが口が利けたら、「こんな映画に俺を出すな!」と訴えそうなくらい、ひどい。まずさ、ポスター観てよ。どうよ、コレ。このポスターから受ける印象と中身、だいたい合っていますが、印象よりもっとひどかったす。

映画の3分の1ぐらい、ベッドシーンなんですが、放映するにあたり、局部とか、やばい映像を、ボカシではなく、真っ黒い四角で覆ったのです、カートゥーン・ネットワークは。その真っ黒い四角が画面に占める量がハンパないです。この映像があんまりだったので、誰かと共有したいがために、この項を書いた次第(^_^)。

▼そこのモノリス、じゃまだ!


▼ Tommy Wiseauご自慢のお尻も真っ暗。

1 件のコメント:

電気羊/e-sheep さんのコメント...

なんと、今度は出演者による内幕本が出版されるそうです! 
http://shelf-life.ew.com/2011/05/26/greg-sestero-the-room-tommy-wiseau/