2011年8月21日日曜日

"Fright Night"「フライトナイト/恐怖の夜」

1985年に製作されたホラー映画『フライトナイト』のリメイク作。オリジナル版、好きでしたが、リメイクされるなんて意外です。ヴァンパイア物ならなんでもいいんかい、と思ったけれど、なかなか評判がいいようなので、観てみようかな。でもガッカリしたら嫌だから、3D版はやめて、通常版にしときましょうかね。



主人公は、母親(トニ・コレット)と二人住まいの高校生の男の子。美少女のガールフレンドもいます。人畜無害そうな感じの子を使っているのは、オリジナル版を踏襲していて○です。舞台となるのは、ラスベガスから少し離れた砂漠に孤立して建っている新興住宅地という設定にしています。ある程度隔離された場所ながら、車で少し飛ばせば一大歓楽街、という設定が、すごく効いていました。となりのヴァンパイア、ジェリー役は、コリン・ファレル。オリジナルでは、昼間の彼を守るおつきの者がいたのですが、今回ではそれは省略しています。主人公の男の子を助けて一緒に闘うB級ホラー映画のホストで、臆病なピーター・ヴィンセント役を、オリジナルではロディ・マクドウォールがチャーミングに演じていて、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のマーティとドクみたいな凸凹コンビぶりが売りだったんですが、リメイク版ではもしかしてそれも削除しちゃっているかな、と思ったら、ちゃんと、ラスベガスでマジックショーをしている、メタルバンドのロッカーみたいなマジシャンに形を変えて、登場させていました。演じている役者、どこかで見たような気がしたら、2代目ドクター・フーで、初代ヴィンセントとは180度ぐらい方向性が違うけれど、今の時代これぐらい派手にいかんとアカンのでしょうね。

主人公はイケてる女の子、エイミーとカップルになりたくて、おたくな親友のエドを切り捨てようとします。おたくの嗅覚でジェリーの正体を早々に見破ったエドは、あえなく吸血鬼の刃にかかってしまいます。これはリメイク版のオリジナルなキャラだな、と思ってたのですが、よく考えたら、いたなあ、”イーブル・エド”君。こちらもずいぶん様変わりしています。

昔のオリジナル版なんか知らなくても、十分面白く仕上がっています。結構ドキッとするシーンが、いくつかあるし、最後まで緊張感が続きます。前に座っていたおっさん二人も、エンドクレジットが出るやいなや「これはよくできてるな!」って言ってました。コリン・ファレル主演の映画を観たのは、これが初めてかもしれません。いつも、「コリン・ファースのファンで…」というと、「ああ、いいよね、コリン・ファレル!」と間違われていたので、目の敵にして観ていなかったのですが、これは、人気があるのも不思議ではないかもしれない…。顔じゃなくて、全体としてスクリーンからオーラを出す、ダニエル・クレイグタイプの俳優だったのね。ファースがアカデミー賞を獲った後でも、やっぱりそこここで間違われているんだろうなぁ。

帰宅後、IMDBで調べたら、オリジナルのジェリー・ダンドリッジ役、クリストファー・サランドンが出ているみたいです。あ、あれか、あの役か! うわー、まったく、まったく気がつかなかった〜。ホントにこの目はふし穴だ…。

映画帰り、ダウンタウンの通りで、ピットブルが子犬と人に突然襲いかかる事件に遭遇してしまいました。スクリーンの吸血鬼より、現実のピットブルの方が怖い…。

0 件のコメント: