2014年1月7日火曜日

"Anchorman 2: The Legend Continues"

ニュースキャスターを主人公にしたウィル・フェレル主演の"ANCHORMAN: THE LEGEND OF RON BURGUNDY"『俺たちニュースキャスター』の続編です。

この作品、みょーにアメリカで人気あります。特に、ニュースキャスターたちは大好きみたいで、地元のニュース番組のお気楽キャスターたちも、公開が近付くとワクワクしていました。こっちのキャスターたちって、マジでみんな"ANCHORMAN"のキャラクターみたいです。ウィル・フェレルと仲間達がプロモーションで番組に顔を出すと、どこでも大歓迎。ノース・ダコタのニュース番組の生放送に乱入したこともあって、それがまたニュースとして取りあげられたり。トークショーの『Jimmy Kimmel』に出たとき、なつかしやクリストファー・クロスと"Ride Like the Wind"をデュエットしてたので、不思議に思ったら、映画のオープニング曲に使ってました。その頃(80年代初頭)のお話だからね。FYI、クリストファー・クロスは、よくサンタクルーズのビーチ・ボードウォークの夏のコンサートでパフォーマンスしてくれます(^_^)。




花形ニュースキャスターのハリソン・フォードのせいで、キャスター職をクビになったロン・バーガンディ。古巣のサンディエゴに戻ってどん底生活をしていたところ、新たに24時間放送のニュース局「GNN」から声がかかる。昔の仲間達(ポール・ラッド、スティーヴ・カレル、ディヴィッド・ケックナー)をひきつれて、ニューヨークに意気揚々と舞い戻った。だが、スター・キャスターはほかにおり(ジェームス・マースデン)、バーガンディのチームは深夜二時という枠があてがわれる。つい売り言葉に買い言葉で、スター・キャスターと賭をしてしまうバーガンディ。もし視聴率で彼を上回らなければ、職を辞めてサンディエゴに帰らなければならない。だが、バーガンディはひらめいた。「伝えなければいけないニュースを伝えるのではなく、みんなが聞きたいニュースを伝えればいいじゃないか!」

かくして、愛国ネタ、動物ネタ、異常気象などをとりあげ、みごとに狙いが当たって視聴率競争に勝ったバーガンディ。我が世の春を謳歌するも、おごる平家は久しからず……。

前作は私も大好きで、たくさん笑いました。今回は、まあまあかな。スティーヴ・カレルの精神年齢5才のニュース・キャスターが特に面白かったです。今回は、SNL仲間のクリステン・ウィグが、カレルの恋のお相手役をつとめます。

ロン・バーガンディは、ハリソン・フォードが後釜に抜擢した女性キャスター、クリスティナ・アップルゲートとの間に男の子がいて、その男の子がいい味を出してました。(^_^) バーガンディと別れた後のアップルゲートの恋人役が、お気に入り俳優のグレッグ・キニア。心理カウンセラーの役なのですが、バーガンディは「オレの心を読むな!」と怖がっちゃいます。シリーズお約束(?)の各ニュース局入り乱れての乱闘シーンでも活躍してます(^_^)。乱闘シーンは、豪華オールスターキャストで、カナダのニュース局スタッフにジム・キャリーがいたりしました。ほかにもサシャ・バロン・コーエン、ウィル・スミス、キリステン・ダンスト等々。

0 件のコメント: