2014年5月20日火曜日

"The Railway Man" 『レイルウェイ 運命の旅路』

コリン・ファースの主演作。日本とほぼ同時公開の、イギリス映画です。

第二次大戦中、タイ(だっけ?)で日本軍の捕虜になり、強制的に鉄道建設で働かされたイギリス軍兵士の回想録を映画化したものです。

年末公開予定の『Unbroken』とダブります。こちらは元オリンピック・ランナーだったアメリカ兵が、日本で捕虜になり、それはもう筆舌に堪えない拷問を受ける実話をアンジェリーナ・ジョリーが映画化した作品で、すでにアカデミー賞候補の呼び声が高いです。脚本はコーエン兄弟。題材が題材なだけに、配給会社は日本で公開するかどうか迷っていると聞きましたが、結論は出たのかな。
"Unbroken"

こちらは日本で公開したんですね。勇気ありますね。真田さんが出ているからかな? 日本での評価はいかがですか?

劇場内は、いつも通り、年配の人ばかり。というか、当時もしかして闘ってた?みたいな方々が多かったです。結末がどうなるのか、ハラハラしながら観ていましたが、良かったです。ホッとしました。

謝罪って、reciprocalじゃないと、なりたたないよね……。謝る側、許す側、どっちもいないと。行為だけじゃなくてね、心でね。

日本がらみの映画は真田さんか渡辺さん、どっちかが出ている感がある今日この頃ですが、真田広之は、テレビのSci-Fiチャンネルの医療SFゾンビドラマ『Helix』で、すごい悪役で出ていました。シーズンフィナーレで、実はいいやつだったことが分かりますが、このいいヤツって分かったあたりの、なんというか、萌え度がハンパなかったです。ふつうは悪役で魅力を出すものなのに、いいヤツ役で魅力を出すなんて、変わってます。だから真田さんはもっといいヤツ役をやったらいいと思います。(逆に言うと悪役に色気がない……(^_^;))

この映画が公開された頃、私は翻訳の仕事でケツに火がついていました。コリンが渡米して、いろいろプロモーション活動していたのに、ちっとも観れませんでした。一部は録画しておいて後で観ましたが、なんかこの作品の後は、すごいアクション映画に出たり(それですごく痩せていた)、パディントンベアの声をあてたり、その作品でもまたニコール・キッドマンと共演したりしているみたいですね。







0 件のコメント: