2015年1月17日土曜日

"Medal Winners Open" 「メダルウィナーズオープン」(フィギュアスケートの試合観戦レポート)



映画じゃないんですが、

2015年1月16日、代々木競技場第一体育館で行われたフィギュアスケートのショーというか競技会(?)の、「メダルウィナーズオープン」を見にいきました。スケートを見にいくの、初めてです。どんな感じでしょうね、どきどき。

会場を入ってすぐにグッズ販売のブースがあり、ブース同士がくっついているため人でごった返していて商品の品定めもままならない状態。プログラムは売っていませんでした。また、選手それぞれの箱が並んでいて、プレゼントやファンレターをそこへ入れるようになっていました。なるほど。



リンクは長方形です。リンクって、長円じゃなかったのか。それとも競技用のリンクじゃないから?



最初に、男女選手がみんなリンクに登場して顔見せ。ライサチェク、でかい! 何も彼の隣に織田君を配さなくても……(^_^;)。ジョニー・ウィアーは真っ白なお衣装で、ムササビみたいなヒラヒラが付いてました。滑りにくくないのかな。
 
誰が誰か、案外わかる?

競技は、まずは女子から。全部で6人が出場し、3人づつ練習して、本番を迎えます。

トップ・バッターは、サラ・マイヤー(スイス)。上下が赤と緑に別れたシンプルな衣装だなと思ったら、曲が流れだして理由が判明。「アメリ」でした。

一応順位を競うイベントなので、普通の競技会仕様を予想してたのですが、エキシビジョンやアイスショーのような、色とりどりのスポットライトで演出するライティングで、アイスショー的な要素の強い演出でした。現役選手の試合とは、やはり違うのですね。それと、私の座るスタンド席からだと、リンクに反射するスポットライトがまぶしくて、煩わしかったです。

2人目のラウラ・レピスト(フィンランド)は、オルゴールを持って登場。小道具の使用も許可とのことでしたが、使ってたのはこの人のみ。参加する側にも、このイベントをどう位置づけていいのか、戸惑いがあったためではないでしょうか。

3人目のキミー・マイズナー(アメリカ)で、やっと聞き覚えのある選手が登場。

3人とも、ちゃんと細い体形を維持してるようでしたが、腕は鍛えた筋肉をしており、アスリートらしかったです。

後半3人の練習に入ると、リンク入口付近に、ジャージ姿のプルシェンコとジョニーが立ちます。そういえば、現役選手じゃないので、リンク際で見守るコーチみたいのもいません。二人はロシアのスルツカヤ選手を応援に来たのかな(ジョニーはロシア選手とのコラボ活動も盛ん)? でも、よく見たらジョニーはティッシュ箱を両手で持っていて、安藤選手らがティッシュをもらって鼻をかんでました(^_^)

スルツカヤは現役時代、確かおかっぱっぽい髪型にしてたんじゃないかな。今回は、短めのポニーテールでした。キス&クライでは、両側にプルシェンコとジョニーが座りました。
ブレブレでスーラの点描画みたいですが、
プル皇帝と鼻セレブのジョニー
その次がジョアニー・ロシェット選手。これから競技会に復帰しても遜色なさそうな演技でした。

安藤美姫はあまり調子が出なかったのか、後ろ向きに転倒。リンクのせいだったのかも。キス&クライで、「転んじゃったーごめんねー」ってジェスチャーしてました。

ロシェットが2位と10点ばかり差をつけて優勝、2位は「アメリ」の人、3位が安藤でした。

女子が終わると、TBSのキャラクターBooBooちゃんと、女の子のスケーターが出て来て、一緒に滑っていました。その後スタッフがじょうろを持って、製氷時間に。女子トイレも売店も大行列で、目的を果たさないうちに試合時間になっちゃった。



BooBooちゃんと女の子の余興スケート。
自称「氷の妖精」のナレーションつき。

「ロミジュリ」を滑った本田武史には、唯一コーチと振り付け師のような人がついた模様。演技はちょっと練習不足でしたかね。なぜか採点にやたら時間がかかって、リンク上のウィアーが手持ち無沙汰そうにしてました。

ウィアーの演技は、女子の演技みたいにフワフワ柔らかかったです。本人からしたら「『エレガンス』」っていうのよっ」て言うのでしょうが。演技後、お客さんから白いお花の冠と大きな花束をもらっていました。どの選手の時も、リンクに花やプレゼントが投げ込まれる、というようなことはありませんでした。お客さんも、ショー気分で来てるのかな。本田とは25点差の74点! 

ジェフリー・バトルは、外見も演技も年を感じさせなかったです。いっつも滑ってるのでしょうね。ライトにまけない白い歯がまぶしかった。ウィアーの得点を抜きました。

さあさあさあ、ライサチェク、織田、プルシェンコのバンクーバーオリンピック3人組がリンクに入ります。3人とも黒ずくめで、真っ黒3兄弟。BooBooちゃんとおそろ? やーライサチェクでかいなー。まるでジュニア選手の中にひとりだけシニアのお兄さんがまぎれこんじゃったみたい。シングルの一流選手でここまででかい人材は、もうそうそう現れないのでは。プルシェンコも意外に背が高いです。まあ殿が小さいだけかもしれないけど。練習中、織田君がすごい高さでクルクルクルッてジャンプを決めるたび、プルシェンコが拍手していました。織田君はホントにすごく高く飛んでて、リンクから飛び出さないかとヒヤッとしちゃいました。
手前からプル、ライサチェク、殿

織田君は、赤坂サカスのスケートリンクにやって来た時に、「今リバーダンスを習ってる」と言っていたから、てっきり新プログラムを見せてくれるのかと思ったのですが、アイスショーで何度もやっていた「アディオス・ノニーノ」で、ちょっとガッカリ。ライサチェックのど迫力タンゴ(「ロクサーヌ」)と被っちゃって、大丈夫か、と思ったけど、杞憂でした(^_^)。軽やかで美しいスケート。それプラス、現役時代より、自信や微妙なニュアンス表現力もついてます。でも、練習であんなにきれいに決めていたのに、ジャンプでコケていて、やっぱり本番で決めるのって大変なんだな、と思いました。とはいえ冒頭のコンビネーションはスラッと決めていて、後で知ったら4回転だったんですって。それでプルシェンコが拍手していたのかー。85点という点数に喜んでいた織田君の姿に、客席からは「かわいい!」の声。バナーも一番彼のが多くて、なんだいっぱいファンいるんじゃんと、心強かったです。

現役時代の織田のファンで、あと皇帝プルシェンコの演技も生で見られるのをすごく楽しみにしていたのですが、一番良かったのがライサチェクだったとは。思わずスタオベしてしまいました。あとで気がついたのですが、そういえばライサチェクとプルシェンコは、バンクーバーオリンピックでの浅からぬ因縁がありましたね。両者の間に見えない火花が飛び散っていたのかも。プルシェンコはキス&クライで、曲の最後に審査員席の前でバッタリ倒れた演技を再現して、椅子の下に倒れたりして、エンターテイナーとして大サービスしてくれました。

結果は、1位がプルシェンコ、僅差で織田君が2位、3位がバトルでした。ライサチェクがバトルやウィアーの点より下だったのは、どうしてかな。

男子授賞式

 メダリスト3人でリンク一周
反対側の席だったらなー

一応1階席で、そんなに悪い席ではありませんでしたが、どうしても遠くから選手たちを見下ろす形になるので表情とかも見えないし、審査員席とは反対側だったこともあり、生の迫力を堪能、とは行きませんでした。選手たちは楽しそうだったから、良かったんじゃないかな。観客が、各国の旗もいっぱい出してたし、なんだか高い座席代を払って、観客たちが選手の皆様をおもてなししてるみたいでした(^_^;)。かぶりつき席以外だったら、テレビ放映の方がばっちり見えることを学びました。隣に、かなり筋金入りのスケオタらしき女性が座り、すごく大きな声でかけ声をかけたり、30秒に1回ぐらいむちゃくちゃひびく拍手をしたりと、大忙しでした。いろんな選手を応援していますが、特にロシア選手ファンなのかな? 旗を出して、「ジェーニャー(プルシェンコの愛称)!」と叫んでおられました。ファンの鑑…。


*おまけ*

2014年の11月頃、赤坂サカスでスケートリンクがオープンした時にゲストとして登場した織田信成。結構たくさん滑ってくれました。スイスイ、くるくると気持ちよさそうでした。

終わって引き上げるところの織田君に遭遇して、なんか声をかけたかったけど気が引けてできずじまい。その後リンクは一般客に無料で開放され、織田君が滑った直後の、同じリンクを滑ってきました。よい記念です。

0 件のコメント: