2016年8月24日水曜日

"Expanse"『エクスパンス ー巨獣めざめるー』

これは映画ではなくドラマシリーズです。SF専門チャンネルSyfyが2016年はじめに放映しました。” Leviathan Wakes”(「巨獣目覚める」)というSF小説の前半部分をシーズン1、後半部分を来年放映予定のシーズン2で描く構成です。原作自体が”Expanse”というシリーズになっていて、6冊分あります。邦訳は、1巻目の「巨獣目覚める」が上下巻でハヤカワ文庫より出ています。

人類が太陽系まで進出するようになった23世紀の未来。地球、火星、外惑星連合の三つに分かれた勢力は、微妙な政治的・軍事的均衡を保ちながら発展を続けてきた。あるとき、主人公ホールデン(スティーヴン・ストレート)の乗っていた氷運搬船が正体不明の戦闘船から攻撃を受ける。生き残ったホールデンとわずかな乗組員は敵の正体をつきとめてかたきをとろうと奮闘を始めるが、彼らのうかつな行動のせいで三つの勢力の間に火種が生まれ、一触即発状態に。一方、小惑星ケレスの刑事ミラー(トーマス・ジェーン)は、行方不明になった月の大財閥令嬢の捜索を命じられる。令嬢ジュリー・マオ(中国系)は親に反抗してひとり外惑星に飛び出し、ゲリラ活動に身を投じていた。捜査を進めていくと、どうやらジュリーはホールデンの船が襲われるきっかけになった宇宙艇に乗っていたのが判明する。2つの出来事の結びつきが明らかになるにつれ、やがて人類は、未曾有の事態に直面することになる——。

2016年8月22日月曜日

“Kubo and the Two Strings”『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』


昔の日本を下敷きにしたファンタジー世界が舞台のストップモーション・アニメーション作品です。

公開初日、サンタクルーズのCinema 9にてReal 3D版のマチネーを観ました。3Dメガネと一緒にカブトムシのピンバッチをもらいます。観客は私以外はポップコーンをムシャムシャ食べながら観ていたおたくっぽい男性がふたり。

主人公のクボー少年(『ゲーム・オブ・スローン』のリコン役アート・パーキンソン。レッドカーペットではすっかり声変わりしていました)は、折り紙で作ったキャラクターを三味線の調べによって操ることのできる不思議な能力の持ち主。その力を使って、村の市で人々にサムライの仇討ち話を弾き語り、日銭を稼いでいます。

ある夜、自分のおばだという双子の刺客(ルーニー・マーラ)に襲われるクボー。おばの狙いはクボーの残された目。母親によれば、赤ちゃんの時、左目は祖父のムーン・キングによって、奪われてしまったのです。間一髪、助けに駆けつけた母親は、最後の魔法の力を使ってクボーを遠くの地へ逃がします。ぶっきらぼうで世話焼きの、お猿のお伴(シャーリーズ・セロン)をつけて……。

クボーをつけ狙うおばさんシスターズ

ムーン・キング(声:レイフ・ファインズ)

2016年8月11日木曜日

“Our Little Sister” 『海街ダイアリー』

やっと観られました、『海街ダイアリー』。

原作のマンガも好きだし、是枝監督の『誰も知らない』も『空気人形』も好きだし、日本でメイキング番組を観て楽しみにしていたのですが、やっとサンタクルーズでかけてくれました。オンデマンドで観なくて良かった♡ 『誰も知らない』を観た映画館、ニコロデオンは『そして父になる』も上映していたので、是枝監督がお気に入りなのかもしれない。切符代が6ドルになる火曜日に観に行きました。