2016年9月15日木曜日

"Sully"『ハドソン川の奇跡』

評判も興行成績も非常に高いので、楽しみに観に行ったのですが、私にはさっぱりピンと来ませんでした。(^_^;)

何のためにこの話を映画化したのか、製作者(トランプ支持を表明しているクリント・イーストウッド)の意図が分からなくて。報道メディアで読んだり見たりすれば十分な内容だし、世間もなぜこの映画をそんなに持ち上げるのか、ちっとも分かりませんでした。「どうよ、これが正しいキャプテンの姿なんだぜ」、と乗客をほっぽってひとりで真っ先に逃げ出したイタリアの船長とか韓国の船長のような人たちを罰したいだけなんじゃいの、というのはゲスの勘ぐりでしょうか。むしろ、彼らのような人たちの映画が作られたら観たいと思うタイプには、あまり共鳴できない映画なのかも。

ニュース番組で当時のフライトアテンダントにインタビューをしていたのですが、サリーの責任を追及する国家運輸安全委員会(NTSB)は、実際はあんなに意地悪じゃなかったそうですよ。彼らを悪者に仕立てあげ、サリーをぎゅうぎゅう追いつめさせておき、クライマックスの公聴会でサリーが冷静に反証していくと、観客席からは小気味よさげな快哉が上がる。いかにスマートに作っていようとも(アーロン・エッカートの最後のセリフが決まってます)、つまりはそういう構造でしょう? 私には居心地の悪い映画でした。

★「我々はKGBでもゲシュタポでもない。」と映画への不満を表明するNTSB

Closed Captionの機械を利用したのは三度目ですが、三度目の正直でやっとCCが映りました。でももともと眼鏡をしていて乱視のせいか、すごく見にくくて、終わってからひどく疲れました。

いかにもイーストウッド好みの寡黙な仕事人、サリー機長像をみごとに体現していたトム・ハンクス。彼の"A Hologram for the King"という映画は興行的に惨敗だったようですが(私も未見)、オープニングにアニメーションが使用されていたそうです。映画では一部しか使用されなかったそうで、ここで全編が見られます。

ハンクスのキャラデザインが秀逸!


1 件のコメント:

電気羊/e-sheep さんのコメント...

ケーブル会社のオンデマンドで再見。
映画の中で、コンピューターシミュレーションが出てくるけれど、この映画そのものがシミュレーションとして作られたのね。human factor入りの…。
そしてこれが"The best of NY", The best of USAだ、と。
で、監督はトランプがアメリカを再び偉大にしてくれると思ったわけだ。
そこが最大の謎。