2017年2月26日日曜日

“Get Out”『ゲット・アウト(原題)』

若いカップル、クリスとローズが週末、ローズの家へ行くことに。はじめてローズの家族に会うクリスは、黒人の自分が白人の娘の恋人であることを知って、彼らがどんな反応を示すか不安だった。だが外科医の父親と精神科医の母親(キャスリーン・キーナン)は人種にはまったくこだわらず、優雅な隠居生活を送る裕福な隣人たちも暖かく迎える。ところが、何か妙な空気が流れていることに、クリスは気づかざるを得ず……。

〝キー&ピール〟という黒人コンビの人気コメディアン、ジョーダン・ピールの監督デビュー作。〝Keanu(キアヌ)〟という映画の脚本を書いて、コンビのキーと主演したりもしています。ちなみにキアヌは盗まれちゃったネコの名前。

ジャンルとしては、ミステリー/スリラー/ホラー/コメディだそうです。

Rotten Tomatoesでは100%ポジティブで、100人以上の評価で100%ポジティブを獲得した初めての映画らしいです(←ツイッターで流し読みしたのでうろ覚え。ホラー映画としてはだったかな?)。

ワイドショーにピールが出たとき、「コメディとホラーは、タイミングがすべてというところが共通しているんだ」と言ったコメントを聞いて、期待が持てそうだな、と思い、公開初日に観に行きました。

私は100%ダメでした。とにかくウマが合わなくて…。
まずオープニングでまったくタイプの違う曲をふたつ流すというところから違和感があり、終始いまどきの映画には観られない古くさく、チープでわざとらしい演出に、なんの冗談かと思ってしまいました(ポランスキー等過去の名匠によるホラー映画を観て学んだという話ですが、古くさい印象はそれらを忠実に再現したから?)。

どのへんを評価しているのか、Rottenをざっと読んでみたけど、今までにない切り口が新鮮だそうで、それは人種偏見を逆手にとってホラーに仕上げた手法を指すようです。

それで、わたしがピンと来なかった理由に少し納得。アメリカに長年住んで、だいぶこの国の人種問題を理解した気になったけれど、やっぱりネイティブの方々よりは鈍感なのでしょう(日本人、アジア人として差別を感じることはたまにあるけど、黒人問題とは趣がことなります)。もしやと思って、Rotten Tomatoesに載ってる評者の顔写真を全部見てみたけど、100人超中黒人はふたりでした。映画評論の世界も、白人男性が絶対優位だよなぁ。

エンドクレジットを観ていたら、電通&フジテレビの名前が。どう関わっているんだろう??

映画館を出たあと、見かけた人たちがなんだかうろんに映って見えたので、なんだかんだで影響力強いのかも😅

1 件のコメント:

電気羊/e-sheep さんのコメント...

先日イライジャ・ウッド(ホラー映画好き。自分で製作会社を立ち上げているほど)がトークショーでこの映画をexceptionalとべた褒めしていました。白人ばかりの観客が、白人が黒人に殺される場面で大喜びしてるのがおもしろかったようです。

私はその後、"Keanu"を見たけれど、"Get Out"と同じ理由で、ちっとも面白くありませんでした。
日本で公開されたら、どんな評価を得るのだろう。Satireが分かるのだろうか。