2017年5月20日土曜日

“Big Little lies”『ビッグ・リトル・ライズ~セレブママたちの憂うつ~』

HBOが製作した全7話のミニシリーズ。
監督は『ダラス・バイヤーズクラブ』のジャン=マルク・ヴァレ、製作総指揮/脚本に『アリー my LOVE』のデイビッド・E・ケリー、主演のリース・ウィザースプーンとニコール・キッドマンは製作総指揮もつとめている。

アメリカでは今年の2月から放映され、回を追うごとにぐんぐん評価と評判が上がっていきました。
私が観たいと思った理由は、モントレーを舞台にしたドラマだったからです。私の住むサンタクルーズからは車で小一時間ほど離れた風光明媚な海辺の街(サンタもモントレー湾沿いの街のひとつ)で、スタインベックの小説で有名なキャナリー・ロウや、『ファインディング・ドリー』に出てくる水族館のモデルであるモントレー水族館などが目玉の観光地でもあります。去年、地元のニュースでロケ撮影の様子が伝えられました。

セピア調、あるいは青みがかった色調で描かれるモントレーは予想以上に美しく撮られ、まさにピクチャレスク(同じ撮影監督でサンタも撮って欲しい〜)。その絵のような街を舞台に、同じ小学校に通う子どもを持つ5人の母親たちの、それぞれの日々を送る間に生まれるドラマが交錯していきます。

小学校の資金集めのために開かれる毎年恒例の夜会イベント(今年はエルビスとヘプバーンがテーマ)で、殺人事件が発生した。殺されたのは誰? 殺したのは誰? 現場検証を終え、警察はイベントに集まった学校職員や父兄たちから事情聴取をはじめる。

2017年5月9日火曜日

“Sing”『シング』&“Moana” 『モアナと伝説の海』

“Sing”『シング』
 
楽しかった! 動物たちが演じる、昭和の人情喜劇を観ているようでした!

 同じ日に観た『モアナ』もとてもよかったけれど、これを観てしまうと、型どおり過ぎる欠点が鮮明になってしまう。

『シング!』は、結末は予定調和でも、要所要所で予想外な展開があって、ちっとも退屈しませんでした。ひとつのアクションに対してのリアクションも細やかで、それぞれのキャラクターにもとづいて、あくまで自律的な反応をしているように感じさせ、うっというしいキャラもアクションもひとつもなくて見事です。夢破れた劇場支配人のコアラが悪友のねぐらに居候してふて寝していたら、出場者たちがやってきて励まし、それを受けてのコアラのとった行動と、悪友のリアクションとかね。

 日本のガールズバンドの描写に対しては、ヤマアラシ嬢の針が2,3本ささりましたけど。まぁアングロサクソンから見たら色もの以外の何ものでもないわな。

 どんなドジでもダメなヤツでも悪い奴でもちっとも責めないコアラが素敵🐨 
 コアラもふくめ、声優が誰なのか見当つかなかったけど、コアラの悪友のラマ(?)だけは、ジョン・C・ライリーだってわかったよ。(^_^;) それぞれの性格と役回りにぴったりな(そこは型どおり)動物の配役も効いてました。200歳のカメレオンがお気に入り。ギョロ目でしかも義眼だけど、ヘイヘイと同じくがちゃ目なのがチャームポイント。

“Moana” 『モアナと伝説の海』
 
すっごいきれいな画面でした。海の表現、有機物・無機物の質感とライティング…。どこまで行くのだろう。この完成度のモアナとマウイが、2Dアニメのタパを背景に歌い踊るシーンはある種、パラダイムシフト的な衝撃がありました。

 マウイはディズニー・スタジオを体現しているようでした。浮くも沈むも大衆の支持次第。

 ヒロイン像(ナ○シカor/and○尋)もモンスター(ダイ○ラ○ッチor/andポニョのお母さん)も、どうして毎回臆面もなく、Mixxxxkiの剽窃をするのかが最大の謎です。『ライオンキング』(ジャングル大帝)しかり、『アトランティス』(ナディア)しかり、スタジオの体質とみなされても仕方がない? でも真似されっぱなしで長いものに巻かれる方がもっと情けない。

 ヘイヘイがお気に入り♡

 これも、5、6年後にはディズニーが実写にするんですかね。

2017年5月8日月曜日

“Manchester by the Sea”『マンチェスター・バイ・ザ・シー』


アカデミー賞作品賞他数々の映画賞にノミネートされ、アカデミー賞主演男優賞(ケーシー・アフレック)、脚本賞(ケネス・ローガン)を受賞した作品。
評価もRotten Tomatos, Metacritic ともに96点と、ほぼ最高点に近い評価を得ている。

つまり、私のような感想を持った人間はほぼいないということに。
貴重な少数意見がこちら:

なんといやみったらしい映画なんだ。
こんなにムカムカする映画は観たことがない。
見終わったあと、主人公のリーのようにバーに行って酒かっくらって誰彼なしに殴りかかりたくなりました。

おわり。
Amazon Primeで観賞。

2017年5月5日金曜日

"The Circle"『ザ・サークル』

トム・ハンクス、エマ・ワトソン主演のテクノスリラー。

デイヴ・エガーズ著『ザ・サークル』を、エガーズとジェームズ・ポンソルトが脚色、ポンソルトが監督した。ハンクスは製作も兼ねている。

グーグルとFacebookとインスタグラムを合わせたようなIT会社<サークル>のカスタマー・サービス部門に採用され、メイ(エマ・ワトソン)は有頂天になる。

カリフォルニアのベイエリアに構えた円環状の社屋(Appleの新社屋そっくり!)は開放的で、社員は若くフレンドリー、仕事への熱意にあふれていた。福利厚生は充実し、芝生を敷きつめた広大なキャンパスはドローンが飛び交い、夜通しのパーティやBECKら有名バンドの演奏などのレクリエーションが常時行われ、寮やスポーツ施設も完備されており社員はキャンパスを一歩も出ずに快適に生活できた。実際、義務ではないものの、社員は週末も会社に残り、様々なアクティビティに参加して社内の交流を深めることが奨励されていた。サークル社が開発したOSのユーザーと社員はSNSで繋がり、趣味などの個人情報をオープンにしていない社員には、ユーザーが辛い採点をする。それというのも、創業者のベイリー(トム・ハンクス)が「秘密は嘘」「シェアリングは分かちあい」をモットーとして、個人も企業も政治家も、すべての情報を公にさらす「透明な」社会を理想としていたからだった。

2017年5月2日火曜日

"Colossal"

Colossalは、でっけーとか大ごととか、そんな意味。

韓国のソウルに怪獣が出現し、アメリカの片田舎にいるアン・ハサウェイは怪物が自分とそっくり同じ動作をすることに気がつく、という荒唐無稽ストーリー。

ニューヨークで酒浸りのパーティー三昧生活を送っていたグロリア(アン・ハサウェイ)は、恋人から愛想を尽かされて部屋を追い出されてしまう。田舎の実家に戻ったグロリアは、幼なじみのオスカー(SNL出身のコメディアン、ジェイソン・サダイキス)と再会して彼のバーでウェイトレスのバイトをはじめる。その頃、世間はソウルに怪獣出現の報に騒然となっていた。グロリアはあるとき、怪獣と自分に、なぜか繋がりがあることを発見する。酔っ払って正体をなくし、公園でくだをまく自分の行動と、怪獣のとる行動が同期しているのだ。