2017年11月3日金曜日

“The Florida Project”『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法』

母親と2人で紫色のモーテル「マジック・キャッスル」に暮らす6歳の少女、ムーニーが過ごすひと夏を描いたインディ映画です。

ファーストシーンで、ムーニーと友達の男の子スクーティが階段下の地べたに足を投げ出して座り、退屈そうに左右の靴先を合わせてコツコツ鳴らしています。仲間がもうひとり来ると、たーっとかけだし、お向かいのモーテル「フューチャーランド」に行き、2階の手すりに腰掛けて駐車場の車につばを飛ばしっこして遊びます。下の部屋から出てきたおばさんが子どもたちをしかっても言うことを聞かないので、モーテルの管理人ボビー(ウィレム・デフォー)を通し、子どもの母親へ苦情を訴えます。細っこい全身に入れ墨を入れ、下唇にピアスをして毛先を緑色に染めた年若い母親のヘイリーは悪びれず、「わたし母親失格だって、ムーニー」とにこにこ。結局ムーニーたちは車のふき掃除をしますが、それすら楽しいお遊びにしてしまい、文句を言った女性の孫ジャンシーも一緒にふきはじめる始末。