2017年12月9日土曜日

"The Disaster Artist"『ディザスター・アーティスト』

『ザ・ルーム』という映画をご存じでしょうか。"The best worst movie"、"ダメ映画の『市民ケーン』"と呼ばれ、あまりのひどさにカルト化し、2003年にロスの映画館1館のみで2週間上映されて以来、14年にわたって今も世界中で上映されています。

映画に助演したグレッグ・セステロが『ザ・ルーム』の舞台裏を描いたノンフィクション"The Disaster Artist"を読んで、製作・脚本・監督・主演したトミー・ワイゾーにいたく共鳴したジェームズ・フランコが、本に基づき映画化したのがこの作品。サンフランシスコの演劇クラスで出会ったトミーとグレッグのなれそめにはじまり、スターを夢見たふたりがロスに出、苦い挫折の末に自分たちで映画を作ろうと一念発起し、制作からプレミアまでの道のりを追います。

『ザ・ルーム』と"The Disaster Artist"映画化までの経緯は、こちらを参照されたし。
"The Room"もぎたて感想

ジェームズ・フランコがトミー役、弟のデイブがグレッグ・セステロ役。その他、豪華なカメオ出演が多数。映画化の交渉をした際、トミーは自分役にジョニー・デップを所望したそうです😅。トミー本人もエンド・クレジットが終わった後、怪しいパーティ客の役で顔出ししています。トミー役を演じているフランコとのシーンを、映画化の条件のひとつとしてトミー自ら要求したといういかにもな理由でした。

一番の見どころは、とにかくクセのあるトミーを、独特なアクセントから笑い方から運動オンチぶりから、なりきって演じたフランコの演技にあります。フランコたち勝ち組のハリウッド人が、こうも『ザ・ルーム』とトミーに魅了される理由とは? 知りたい人は、『ディザスター・アーティスト』に、そのヒントがあります(映画冒頭でハリウッドセレブらが『ザ・ルーム』への傾倒ぶりを告白するシーンすらあります)。意外だったのは、今でもトミーとグレッグは毎日やりとりするほど親密な仲だということ。げに男心は不可解なり。

この映画を見たDel Mar Theaterで、明後日は『ザ・ルーム』深夜上映を観てきます。スプーンを持って行くべきだろうか。

12/10/17
 行ってきました、真夜中の『ザ・ルーム』。
若者たちで大盛り上がりの上映会でした。
海が映れば「ウォーター!」(『奇跡の人』か)、フットボールの投げっこでは「スポーツ!」、ドアを閉めれば"Thank you closing the door!"と叫び、階段を上る場面では足を踏みならし、スプーンの写真立てが映るたびにスプーンが飛び交います(上映前にスプーンを配っている人や、上映中に投げ飛ばしたスプーンを探して回収する人あり。わたしにまでスプーンをくれました)。もう何回も見て、いつ何が映るか、みなさん熟知していらっしゃいます。

集団の若者達って、元気ありすぎて、おばさんはちょっと怖かったですよ😅



0 件のコメント: