2019年1月20日日曜日

"Mary Poppins Returns"『メリー・ポピンズ リターンズ』

⭐️⭐️

『万引き家族』を観た後、お気楽さが欲しくて、続けて観ました。
コリン・ファースが出ているので、できればスクリーンで観たかったし。思ったよりもコリンの出番が多かったです。声優もできてよかったね! 
ベン・ウィショーがマイケル役で出ていますが、彼が『パディントン』の声優に抜擢される前は、コリンがやるはずだったんですよね。(映画を観るとそもそもなぜ彼に振ったのかわからないぐらいコリンの声とはあっていなかったですね)

エミリー・ブラントのメリー・ポピンズはよかったけれど、作品は少しリン・マニュエル・ミランダに頼りすぎなような気がしました。

『万引き家族』とはしごしたのは失敗だったかも。一家にいまいち入りこめなかったのは、三人の子どもたちが、子ども部屋で、それぞれ自分のふかふかベッドでぬくぬく寝ているシーンで、せんべえぶとんで身を寄せ合って寝る万引き家族たちに思いがいってしまうせいだったかもしれません。

ごちゃごちゃした屋根裏で捜し物をするシーンでは、「こんまりを呼ぶんだ!」と思ってしまったので、彼女の番組を見過ぎですね。

 予告編で、アニメの『君の膵臓をたべたい』と『声の形』がかかったのですが、どっちも花火のシーンがあって、ちょっと引きました。「花火」も「桜」と同様にお手軽な演出上の小道具として使い過ぎでは……。でもなぜまた『声の形』をやるのかな。去年もやったのに。『君の膵臓をたべたい』では、アニメはまあ観たことなさそうなアメリカ人の中年女性が"What the....?"といっていました。だよなぁ。

0 件のコメント: